CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
龍のすむ家
龍のすむ家 (JUGEMレビュー »)
クリス ダレーシー
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レイトン教授と永遠の歌姫
JUGEMテーマ:読書感想文
 
 ★ 3 ★

 ≪ Memories of the melody・・・ ≫
ゲームが大好きで、映画もいいね。

まだ本物は見てないけど。

本のあらすじは、

レイトン教授のもとに、元教え子からの手紙が届く。

その手紙はオペラ歌手・ジェニスからだった。

3年前にもジェニスからの手紙がもとで、ある事件が起こっていた・・・





 ↓ おすすめ場面を、続きで紹介中 ↓
続きを読む >>
| 映画の原作作品 | 21:42 | comments(29) | - |
デュラララ!! 2
成田 良悟
¥ 662
Amazonおすすめ度:
微妙…
スカっと☆
何度でも読んでしまう!!

JUGEMテーマ:ライトノベル
 

 ★ 3 ★

 ≪ 私は人が好きよ。 私は人間がみんなみんなみんな好きなのよ! ≫
愛ってどこまでが正常ってことなのかな・・・





 ↓ おすすめ場面を、続きで紹介中 ↓
続きを読む >>
| 成田良悟 | 21:31 | comments(0) | - |
デュラララ!! 1
成田 良悟
¥ 662
Amazonおすすめ度:
じっくり読み込まないと面白くない作品
2度楽しめる作品。
数多き主人公

JUGEMテーマ:ライトノベル
 

 ★ 3 ★

 ≪ これは、歪んだ歪んだ物語。 歪んだ恋の、物語。 ≫
東京・池袋。
この街は、さまざまな人間が集い
歪みながらも、愛に満ちていた。





 ↓ おすすめ場面を、続きで紹介中 ↓
続きを読む >>
| 成田良悟 | 21:10 | comments(0) | - |
バッカーノ!
成田 良悟
¥ 599
Amazonおすすめ度:
映画のようなストーリー
題名どおり
そんなに面白くは無い

JUGEMテーマ:ライトノベル
 

 ★ 3 ★

 ≪ ・・・それでは始めましょうか  ・・・悪魔の酒を飲み、不死を得てしまった男。  その哀れな男の辿る孤独な物語 ≫
おバカたちの馬鹿騒ぎ。
今更ながら読んでみたけど、結構面白かった。
これからどんどん集めて行こうかな。





 ↓ おすすめ場面を、続きで紹介中 ↓
続きを読む >>
| 成田良悟 | 19:32 | comments(0) | - |
あずけて!時間銀行 1
いとう のぶき
¥ 600
Amazonおすすめ度:
べただがクーデレ。シーヌさんがいい。

JUGEMテーマ:ライトノベル
 

 ★ 2 ★

 ≪ 初めまして。 往時陽奈様のお兄様ですね? 私は時間銀行のフィナンシア、シーヌ・ポックルと申します。 ≫
設定は面白い。
だけど、物語は残念な感じ。

女の子に囲まれて、楽しそうな男の子のお話。





 ↓ おすすめ場面を、続きで紹介中 ↓ 
続きを読む >>
| いとうのぶき | 20:10 | comments(0) | - |
シュガーダーク
新井 円侍
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 580
Amazonおすすめ度:
とても綺麗な舞台
もう少し審査基準をしっかりして
心がほんのりする読後

JUGEMテーマ:ライトノベル
 

 ★ 3 ★

 ≪ やぁ、穴掘り囚人君、共同霊園へようこそ。 ≫
ところで、この墓地に何が埋まっているか、知ってるかい?
―ザ・ダークだよ。

闇の世界には、人間以外で人間以上の存在が生きていた。
怪物は死なず、人間を殺しまくる。

ところが怪物を、墓地に埋めると蘇っては来なかった。
決して死んだわけではなかったが、暴れだすことはなくなったのだ。
しかも、墓地には人間もいなければならない。

そう、共同墓地でなければならなかった。





 ↓ おすすめ場面を、続きで紹介中 ↓
続きを読む >>
| 新井円侍 | 19:48 | comments(0) | - |
コララインとボタンの魔女
JUGEMテーマ:読書感想文
 

 ★ 3 ★

 ≪ 「コララインね」 振り返った女の人の目は、大きな黒いボタンだった。 ≫
ちょっと不気味で、楽しいもう一つの世界に、惹かれてゆくコラライン。

それでも、本当の両親のもとの帰ろうとしたら、魔女がすでにさらった後で、
黒猫の助けもあって、魔女とゲームをすることになる?!





 ↓ おすすめ場面を、続きで紹介中 ↓
続きを読む >>
| 映画の原作作品 | 22:17 | comments(0) | - |
| 1/17PAGES | >>